妖怪が集う遊宴

山姥

【やまうば/やまんば】

 日本各地に伝わる妖怪。

山姥の概要

 深山に住むという鬼女。
 高身長で色白、眼光鋭く、口が耳元まで裂けている。山に立ち入った人間を襲い、食べてしまうという。

 だが山姥には二面性があって、常に怖ろしい存在というわけではない。民家に来て糸紡ぎの手伝いをするとか、山姥が支払ったお金が福をもたらすといった伝承もある。山姥に酒を売って金持ちになった者もいたという。
 また、不思議な霊力をもって子供を可愛がり育てるともいう。坂田金時(金太郎)を育てたのも足柄山の山姥だと伝えられている。

 このような山姥の二面性は、山の神が持つ恐怖の一面と恩寵の一面からの影響があるようだ。


『百怪図巻』「山うは」 佐脇嵩之 1737


『画図百鬼夜行』「山姥」 鳥山石燕 1776


『山姥と金太郎 盃』 喜多川歌麿

参考文献

妖怪の事典

妖怪が集う遊宴