妖怪が集う遊宴
妖怪が集う遊宴 > 妖怪の事典 > ぬらりひょん
妖怪の事典

ぬらりひょん

【PR】

 江戸時代の絵巻や図譜に掲載されている老人の妖怪。
 あるいは、岡山県に伝わる海坊主の仲間。

ぬらりひょんの概要

 江戸時代の絵巻や図譜では頭の大きな老人姿の妖怪として度々描かれている。
 ぬらりくらりとした捉えどころのない妖怪なのだろうか? 解説文はとくに記されていないので、当時の人々がぬらりひょんをどのような妖怪として認識していたかは明言できない。

 しかし、昭和以降の妖怪関連書籍では、ぬらりひょんは無断で人の家にあがってお茶をすするだとか、妖怪の総大将であるといった説明がされるようになった。詳細不明な老人の妖怪が、いつしか大胆不敵な大物妖怪と化していたのだ。

 ぬらりひょん妖怪総大将説の発端になったと思われる記述が、藤沢衛彦の『妖怪画談全集 日本篇 上』(1929)にある。藤沢は『妖怪画談全集』に鳥山石燕の描いたぬらりひょんを掲載した際、その貫禄ある風貌からの想像なのだろうか、次の文言を付けたのである。

まだ宵の口の灯影にぬらりひょんと訪問する怪物の親玉

『妖怪画談全集』日本篇 上 藤沢衛彦 中央美術社 1929

「妖怪の総大将は誰か」と問われたら、江戸時代であれば見越入道やももんがあ(草双紙で化け物の親玉として描かれることが多い)、あるいは山本五郎左衛門や神野悪五郎(稲生物怪録で魔王の頭領になるべく争っていた妖怪たち)の名が挙がったかもしれない。だが現代では、ぬらりひょんを第一に思い浮かべる人が多いのではないだろうか。

 一方、民間伝承でぬらりひょんといえば岡山県に伝わる妖怪の名称である。しかし、このぬらりひょんは海坊主の仲間であり、老人姿のぬらりひょんとの関係はよく分からない。

ぬらりひょんの画図

【ぬらりひょんの画図が掲載されている主な資料】
 資料名 作者 制作年 妖怪名 画像
『化物づくし』(個人蔵) 不明 不明 ぬらりひよむ
『百怪図巻』(福岡市博物館蔵) 佐脇嵩之 1737 ぬらりひよん 画像
『画図百鬼夜行』前篇 風 鳥山石燕 1776 ぬうりひょん 画像

ぬらりひょんの伝承・逸話

岡山県

 備讃灘の辺りに伝わる。海坊主の類。
 人の頭部ぐらいの玉が海の上に浮かんでいる。これを見つけた人が船で近づいて取ろうとしても、玉はぬらりと避けて海中に沈んでしまう。やがてまた浮かび上がるが、取ろうとすればまたぬらりとかわして沈んでいく。それを幾度も繰り返して、人をおちょくるのだという。


『百怪図巻』「ぬらりひょん」 佐脇嵩之 1737


『画図百鬼夜行』前篇 風「ぬうりひょん」 鳥山石燕 1776

主な参考文献

白沢

妖怪の事典

妖怪が集う遊宴