妖怪が集う遊宴
妖怪の事典

静か餅

【PR】

【しずかもち】

 栃木県に伝わる怪異。

静か餅の伝承・逸話

栃木県

シヅカモチ 下野益子邊でいふ(芳賀郡鄕土研究報)。夜中にこつ/\こつこつと、遠方で餅の粉をはたくやうな音が人によつて聽える。其音が段々と近づくのを搗込まれるといひ、遠ざかつて行くのを搗出されるといひ、靜か餅を搗出されると運が衰へる。搗込まれた人は、箕を後ろ手に出すと財産が入るとも謂ふ。或は又隱れ里の米搗きとも謂ひ、此音を聽いた人は長者になるといふ話もあつた。攝陽郡談、攝津打出の里の條にもある話で、古くから各地でいふことである。

『民間傳承』第三巻・第十號: 12ページ「妖恠名彙」 柳田國男 民間傳承の會 1938
【底本】『民間伝承』第一巻: 120ページ 民間伝承の会 編 国書刊行会 1972

引用文献

  • 『民間伝承』第一巻 民間伝承の会 編 国書刊行会 1972

主な参考文献

白沢

妖怪の事典

妖怪が集う遊宴