妖怪が集う遊宴
妖怪の事典

送り鼬

【PR】

【おくりいたち】

 静岡県、埼玉県に伝わる妖怪。

送り鼬の伝承・逸話

静岡県

オクリイタチ 伊豆北部でいふこと 夜間道行く人の跡に附いて來るといふ 草履を投げて遣ればそれからは附いて來るのを止めるとも謂ふ(鄕二卷七號)。

『民間傳承』第三卷・第十二號: 12ページ「妖恠名彙(三)」 柳田國男 民間傳承の會 1938
【底本】『民間伝承』第一巻: 144ページ 民間伝承の会 編 国書刊行会 1972

埼玉県

 戸田市に伝わる。
 人が竹藪の脇を通ると、送り鼬がガサガサと音をたてる。人が立ち止まると送り鼬も音を止める。そして、人が歩きだすとまた音をたてる。これに遭遇した人は体がゾオッとするという。気弱な人を引き込もうとしてついてくるのだといわれている。

引用文献

  • 『民間伝承』第一巻 民間伝承の会 編 国書刊行会 1972

主な参考文献

白沢

妖怪の事典

妖怪が集う遊宴