妖怪が集う遊宴
妖怪の事典

赤舌

【PR】

【あかした】

 鳥山石燕の『画図百鬼夜行』(1776)に掲載されている妖怪。

赤舌の概要

 他の絵巻では赤口という名称で紹介されることの多い妖怪だが、石燕は赤舌として描いている。

 黒雲に覆われた獣が口を大きく開けて舌を見せている。
 石燕は説明を記していないが、陰陽道における太歳(木星)の西門を守る赤舌神にちなんでいるという説もある。

赤舌の画図

【赤舌の画図が掲載されている主な資料】
 資料名 作者 制作年 妖怪名 画像
『化物づくし』(個人蔵) 不明 不明 赤口
『百怪図巻』(福岡市博物館蔵) 佐脇嵩之 1737 あか口 画像
『画図百鬼夜行』前篇 風 鳥山石燕 1776 赤舌 画像
『化物絵巻』(川崎市市民ミュージアム蔵) 不明 1800年代前半? あか口


『百怪図巻』「あか口」 佐脇嵩之 1737


『画図百鬼夜行』前篇 風「赤舌」 鳥山石燕 1776

主な参考文献

白沢

妖怪の事典

妖怪が集う遊宴